米バークシャー株、昨年9月以来の大幅上昇-配当開始観測強まる

【記者: Andrew Frye】

1月24日(ブルームバーグ):24日の米株式市場で、投資家ウォー レン・バフェット氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェ イの株価が昨年9月以来の大幅上昇となった。資本蓄積を受け今年、 配当を開始するのではないかとの観測が強まった。

バークシャーの株価はニューヨーク証券取引所で午前10時52分 (日本時間25日午前零時52分)現在、3295ドル(2.7%)高の12万 3821ドル。バークシャーは利回りが2%以下の配当を実施する可能性 があると、米経済紙バロンズが22日、情報源を明らかにせずに伝えた。

最高経営責任者(CEO)と投資責任者を40年間務めているバフ ェット氏(80)は、自身の引退を考慮に入れてバークシャーを運営し ている。同氏は保険やエネルギー事業を手掛けるバークシャー子会社 が稼ぎ出した利益を通じて株式購入や企業買収を行う。昨年5月の同 社年次総会では、バークシャーが拡大する中で、資本の活用法を見つ けるのが一段と困難になっていると説明している。

同氏は「社内資本の100%を賢明に利用することはできない時が来 るだろう」とした上で、投資機会が不足しつつあるとすれば、資本を 「その時点で株主の最善の利益のために」活用すると述べていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE