三井海洋開発:ガーナ沖プロジェクト契約、米腐敗行為防止法違反なし

石油生産設備メーカーの三井海洋 開発は23日、ガーナ沖のジュビリー油田プロジェクトにおける請負業 者との契約をめぐり、法律事務所を雇用して調査した結果、海外腐敗 行為防止法など米賄賂行為禁止法の違反には該当しないとの報告を受 けたと発表した。ウェブサイトに掲載した文書で明らかにした。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は21日、米石油 開発会社コスモス・エナジーの当局への届け出を引用し、同社とパー トナー企業が三井石油開発の米国内法違反の可能性を調査していると 伝えていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE