モスクワの空港で爆弾テロ、少なくとも35人が死亡

ロシアの首都モスクワにある同

国最大の空港、ドモジェドボ空港で24日、爆弾テロが発生し、到着

ロビーにいた人のうち少なくとも35人が死亡した。

ロシアのメドベージェフ大統領によると、警察当局によるテロ

攻撃の捜査が進められており、国内すべての空港および駅の警備強化

が命じられた。チマコワ大統領報道官によると、大統領は世界経済フ

ォーラム年次総会(ダボス会議)への出発を25日に延期した。

国営テレビ、ロシア24や各報道機関が匿名の当局者を引用し

て伝えたところによると、爆発は自爆テロの可能性がある。捜査当局

はブルームバーグ・ニュースに対し、自爆テロ報道の内容は確認でき

ていないと述べた。

モスクワでは昨年3月にも市内2カ所の地下鉄駅で朝の通勤ラ

ッシュ時に自爆テロが発生、40人が死亡した。

24日のMICEX指数は前日比1.5%安。一時は2.4%安と、日 中では昨年7月30日以来の大幅下落を記録する場面もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE