ECB:第4四半期前の利上げない公算-ゴールドマンのガルザレリ氏

米ゴールドマン・サックス・ グループのチーフ金利ストラテジスト、フランチェスコ・ガルザレ リ氏は、欧州のインフレが加速しているものの、域内の銀行システ ムが脆弱(ぜいじゃく)なことから、欧州中央銀行(ECB)が第 4四半期より前に利上げに踏み切ることは恐らくないとの見方を 示した。

ガルザレリ氏は、ブルームバーグとのインタビューで、「現段 階でECBの手を止めさせているのは、域内の一部金融機関の支払 い能力に対する懸念だとみられる」と述べ、「最終的にはこれらの 問題に政府が対処し、ECBが解決に当たる必要がなくなるだろう。 そうなればECBは再び、インフレ抑制を第一の責務として専念す ることができる」と続けた。

同氏は、ECBが段階的に利上げをする一方で、金融機関に「潤 沢な」流動性を供給することにより、アイルランドやギリシャなど の高債務国に打撃を与えることを回避できると指摘。そうすれば、 「流動性供給の目的を果たせる一方で、インフレを目標付近に維持 することに本気だというメッセージを市場に送ることができる」と 説明した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net

Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Anchalee Worrachate in London at +44-20-7073-3403 or aworrachate@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Daniel Tilles at +44-20-7673-2649 or dtilles@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE