スーパーボウルは高級車CM対決、ベンツ参戦で王者レクサスに挑戦状

ドイツの高級車メーカー、メルセ デス・ベンツは、初めて米ナショナル・フットボールリーグ(NFL) の王座決定戦スーパーボウルでテレビCMを流す。女子プロテニスの セリーナ・ウィリアムズ選手などの助けを借りてインターネットを通 じた消費者アピールでも勢いを強め、トヨタ自動車の高級車部門「レ クサス」に挑むドイツメーカーの競争に加わる。

全米一の王座を目指してピッツバーグ・スティーラーズとグリー ンベイ・パッカーズが対戦する2月6日開催のスーパーボウルで、B MWとフォルクスワーゲン(VW)もテレビCMを披露することから、 米テレビ業界最大のイベントにドイツ3社の顔ぶれがそろうのは初め て。ニールセンによると、昨年のスーパーボウルのCM料金は30秒で 300万ドル(約2億4900万円)だった。

米自動車情報サイト、エドマンズ・ドット・コムのアナリスト、 ビル・ビスニッチ氏は、「ドイツ勢はレクサスを打ち負かすなら今が チャンスだと捉え、全力を挙げている」と指摘。レクサスが米市場で 首位となって以来の11年間、ドイツの自動メーカーにとってレクサス に後れを取ってきたことが「頭痛の種」となっていた。

レクサスはスポーツ型多目的車(SUV)とハイブリッド車で、 米国市場での人気を確固たるものとしてきた。一方のBMWとダイム ラーのメルセデス、VWのアウディは米国外での売り上げはレクサス を圧倒している。レクサスが昨年のリコール(無償の回収・修理)に 伴う影響の払拭(ふっしょく)に努める中、ドイツメーカーによるス ーパーボウルCM参戦は世界最大の高級車市場である米国でのシェア 拡大への意気込みを浮き彫りにするものだ。

販売台数

レクサスの2010年の米販売台数が22万9329台だったのに対し、 BMWは22万113台、メルセデスが21万6448台。アウディは乗 用車とSUVを合わせて10万1629台と、初めて10万台を突破した。 全世界では、ドイツメーカー3社はそれぞれ100万台以上の売り上げ があるが、レクサスは約40万台にとどまっている。

メルセデスはテレビ広告のほか、アラバマ州にある工場に2億 9000万ドルを投じ、2014年からCクラスのセダン車の組み立てを開 始する。BMWは昨年後半にサウスカロライナ工場で7億5000万ド ルの拡張計画を完了させたほか、アウディは18年までに米販売台数を 現行の2倍となる20万台に引き上げると表明している。

レクサスは今年のスーパーボウルでテレビ広告を流さない方針だ。 レクサスの広報担当、アリソン・タカハシ氏はテレビ広告や関連イベ ントの協賛は予定していないと語った。

1億650万人が視聴

ニールセンによると、ニューオーリンズ・セインツが制した昨年 のスーパーボウルの視聴者数は1億650万人で、米テレビ史上で過去 最大を記録した。

メルセデスはテレビ広告に加え、Cクラスのクーペ車を賞品にソ ーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のツイッターでの ツイート数を競うイベントを協賛する。3日間にわたるイベントは2 月2日に始まり、ヒップホップグループのRUN-DMC出身のレブ ランや、プロテニスのセリーナ・ウィリアムズ選手などの著名人がコ ーチとして参加する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE