グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は3営業日続落。銀行の預金準備率がさらに引き上 げられる可能性があるとの人民日報の報道を受け、中国当局が金融引 き締め策を一段と強化するとの懸念が強まった。

中国2位の銀行、中国建設銀行(939 HK)は1.6%安。2010 年通期決算について赤字見通しを示したヘアケア製品メーカーの霸王 国際集団(1338 HK)は6.7%値下がりした。バイオ燃料メーカー の中国糧油(606 HK)も8.2%下落。同社は10年通期決算につい て減益を見込んでいる。

建設会社の中国鉄建(1186 HK)やカジノ運営会社のSJMホ ールディングス(880 HK)も売られた。

ハンセン指数は前週末比75.08ポイント(0.3%)安の

23801.78で終了。一時は0.4%高まで上昇した。ハンセン中国企業 株(H株)指数は前週末比1.1%安の12596.43。

信達国際の調査ディレクター、キャスター・パン氏(香港在勤) は、中国の金融引き締めは「依然として最大の懸念材料」とした上で、 「中国当局が春節(旧正月)期間中に利上げに踏み切るとの観測があ るため、春節前に相場が十分に回復する公算は小さい」と語った。今 年の春節は2月3日に始まる。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。中国国際金融(CICC)は中国のインフ レ率が1月に一段と上昇するとの見通しを示すとともに、バリュエー ション(株価評価)の観点から規模の小さい企業について投資家に注 意を促した。

中国2位の銀行、中国建設銀行(601939 CH)は1.1%安、同 3位の中国農業銀行(601288 CH)は1.2%値下がりした。中国紙 の21世紀経済報道が、銀行監督当局が地方政府傘下の金融会社向け 融資の伸びを制限するよう銀行に義務付けると伝えたことが材料視さ れた。

利益がアナリスト予想を下回った食材メーカーの安琪酵母 (600298 CH)は値幅制限いっぱいの10%安で、小型株の下げを主 導した。酒造メーカーの貴州茅台酒(600519 CH)は2.5%下落し、 同株を中心に消費関連株が下げた。

一方、中国石油化工(Sinopec、600028 CH)は2カ月 ぶりの大幅高。少数持ち分を含む同社の2010年の利益が1000億元 (約1兆2600億円)を超える可能性があるとした証券時報の報道が 好感された。

渤海証券(天津)のストラテジスト、チョウ・シー氏は「投資家 はこれまでの株価上昇を支えたファンダメンタルズ(経済の基礎的諸 条件)のいかなる変化も確認していない」と述べた上で、「今は相場 の上昇ではなく、安全な株式の配分を検討する時だ」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前週末比19.57ポイント(0.7%)安の2695.72 で終了。上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は同 1%安の2954.23。CSI小型株500指数は同2.4%安の

4398.50と、5カ月ぶりの安値で引けた。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇。国内の2大銀行の昨年10-12月(第3 四半期)利益が予想を上回ったほか、ドイツ銀行が指標のセンセック ス30種株価指数が持ち直すとの見方を示したことが買い材料となっ た。

インド最大の銀行、インドステイト銀行は約2カ月ぶりの大幅高。 10-12月期純利益は14%増の283億ルピーと、ブルームバーグが まとめたエコノミスト29人の予想平均(270億ルピー)を上回った。 同2位のICICI銀行は過去最高益となったことを受けて買われた。

アブハイ・ライジャワラ氏らドイツ銀のストラテジストは、「長 期的なインド投資について引き続き確信を持っている」とし、センセ ックス30種が12月までに21000に達するとの見方を示した。

ムンバイ証券取引所のセンセックス30種は前週末比143.75ポ イント(0.8%)高の19151.28で終了。同指数は月初に、昨年11 月5日に付けた最高値から10%超の落ち込みとなり、いわゆる調整 局面入りした。物価上昇を背景にインド準備銀行(RBI、中央銀行) が25日の政策決定会合で政策金利を引き上げるとの懸念が背景にあ る。

ステイト銀(SBIN IN)は3.8%高の2695.05ルピー。ICI CI銀(ICICIBC IN)は1.7%上げ1083.90ルピーで引けた。同 行の10-12月利益は31%増の144億ルピーと、エコノミストの予 想平均である137億ルピーを上回った。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比30.3ポイント(0.6%)高の

4786.0。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比12.24ポイント(0.6%)高の

2082.16。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比6.59ポイント(0.1%)安の8947.79。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比1.16ポイント高の3185.76。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前週末比4.46ポ イント(0.3%)安の1542.97。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比42.89ポイント(4.3%)安の963.68。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比33.48ポイント(1%)安の

3346.06。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比48.33ポイント(1.2%)安の

3902.71。

Editor: Akiyo Kinoshita

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE