ラガルド仏財務相:国際金融システム改革、ドルを弱める意図ない

フランスのラガルド財務相は、20 カ国・地域(G20)が討議している国際金融システム改革について、 ドルの役割を「弱める」ことを目指すものではないと語った。

ラガルド財務相は24日、米経済専門局CNBCテレビの番組で、 これは基準通貨であり、準備通貨でもあるドルの「強さを損なうこと を意図した試みでないのは明らかだ」とした上で、「1年で完了するこ とはないだろう」と付け加えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Mark Deen at +33-1-5365-5066 or markdeen@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE