印ICICI銀:10-12月の純利益、31%増-過去最高益(Update2)

インド2位の銀行、ICICI銀 行の2010年10-12月(第3四半期)決算は、純利益が前年同期比 31%増と過去最高を更新した。融資の増加と不良債権引当金の減少が 寄与した。

ムンバイに本店を置く同行がナショナル証券取引所に提出した資料 によれば、純利益は144億ルピー(約261億円)。前年同期は110億 ルピーだった。ブルームバーグがアナリスト29人を対象にまとめた調 査の予想平均(137億ルピー)を上回った。

インドステイト銀行など国内大手行は市場予想を上回る利益を発表 している。経済成長加速が与信需要を押し上げているためだ。ICIC I銀の総融資残高は昨年末時点で15%増の2兆700億ルピー。引当金 は前年同期比54%減の46億5000万ルピーとなった。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: George Smith Alexander in Mumbai at +91-22-6120-3642 or galexander11@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chitra Somayaji at +852-2977-6486 or csomayaji@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE