藤井官房副長官:インフレ目標導入目指す日銀法改正に反対(Update2

藤井裕久官房副長官は24日午後の 記者会見で、政府が主導してインフレ目標を設定するための日銀法改 正には反対する考えに変わりはないことを明らかにした。日銀法改正 はみんなの党などが求めている。

藤井氏は日銀法改正論について「いろんな議論があるのは私も承 知している。デフレ脱却のために日本銀行法を変えるという観点の議 論が多いが、私はまったく違うと思っている」と強調。反対する考え に変わらないかとの質問に対し、「個人的意見だが、変わらない。信念 は変わっていない」と語った。

藤井氏は昨年8月、ブルームバーグ・ニュースとのインタビュー で「大反対だ。インフレの危険性があり、お年寄りを直撃し、サラリ ーマンにも相当影響がある」と言明していた。

日銀法改正論については、民主党の有志でつくる「デフレから脱 却し景気回復を目指す議員連盟」(デフレ脱却議連)やみんなの党など が主張している。

一方、藤井氏は政府が今国会に提出した2011年度予算案について 「政府としては最善のものであるという信念の下に出している」とし ながらも、与野党で修正協議を行う可能性については「今後の政治情 勢の中で、いろいろそういう問題も出るかもしれない」と否定しなか った。

また、民主党の岡田克也幹事長も24日午後の定例会見で、予算の 修正問題に関し、「修正そのものをしないというふうに言っていない。 子ども手当と高校無償化について、まったく議論する余地なしと言う つもりはない」とその可能性に言及した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE