EADSのCEO:10年は「顕著な前進」見られた-レゼコー紙

欧州の航空機メーカー、エアバスを 傘下に置く航空宇宙・防衛関連企業EADSのルイ・ガロワ最高経営責 者(CEO)は、仏紙レゼコーとのインタビューで、受注が予想を大幅 に上回る中、同社では2010年に「顕著な前進」が見られたと語った。同 CEOは採算性の向上が11年の最優先課題だと語ったという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE