アイルランド、予算案の通過を急ぐ-連立政権崩壊で総選挙前倒しも

アイルランドの政治指導者は、総 選挙前に予算案を通過させる意向を示した。カウエン首相率いる共和 党と連立を組んでいた緑の党が23日、政権からの離脱を表明したこと で政府は混乱に陥っている。

レニハン財務相は24日、ダブリンで、緑の党や野党の議員と予算 案通過の日程について協議する。予算案の通過により、60億ユーロ(約 6750億円)規模の増税と支出削減策が成立する。

予算の成立は、国際通貨基金(IMF)と欧州連合(EU)によ る850億ユーロに上るアイルランド支援の条件の一つ。緑の党は23日、 総選挙が来月後半に実施される可能性があるとの見方を示した。カウ エン首相は3月11日の総選挙前に予算案を通過させなければならない と述べた。

アイルランド政治に詳しいダブリン市立大学のケビン・ラフター 教授は「予算案は通過するとみられる」と指摘。「全ての政党は総選挙 前にこの問題を片付けたいと考えている」と述べた。

レニハン財務相は23日、公共放送RTEに対し、予算案を2月2 日に通過させることは実現可能かもしれないとの見解を示した。「総選 挙の日程を早めなければならないことは承知している」と述べた。

野党はより早期の予算案通過を求めている。野党第一党、統一ア イルランド党のジェームズ・ライリー副党首は23日、今週に予算案を 通過させることは可能との見方を示した。労働党は、政府が1月28日 までの予算案の通過を約束しないなら、今週中に不信任決議案を提出 する意向を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE