NY原油先物時間外:上昇、89ドル台-米欧の経済見通し改善観測で

ニューヨーク原油先物相場は24 日の時間外取引で上昇。米欧の経済見通しが改善し燃料需要が増加す るとの期待感が高まった。

先週の原油相場は2.7%下落した。昨年10-12月(第4四半期) の米国内総生産(GDP)速報値は28日に発表されるが、ブルーム バーグ・ニュースが67人のエコノミストに調査したところ、成長加 速が予想されている。24日に発表される11月のユーロ圏鉱工業受注 も調査では増加が見込まれている。

ナショナル・オーストラリア銀行の鉱物・エネルギー担当エコノ ミスト、ベン・ウェストモア氏(メルボルン在勤)は「ユーロ圏と米 国の経済指標は商品市場にとって引き続き重要だ。相場は予想を上回 る欧米での景気回復を織り込んでいる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は一時、 33セント(0.4%)高の1バレル=89.44ドルを付けた。シンガポー ル時間午前9時55分(日本時間同10時55分)現在、89.33ドルで 推移している。前年同期比では19%上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE