東京スター銀の経営に新生銀、米ローンスターなどが参加へ-関係者

投資ファンドのアドバンテッジ・パ ートナーズが、完全子会社の東京スター銀行の再建に向け、買収資金の 提供を受けた融資団の経営参画を受ける方向で最終調整に入った。事情 に詳しい複数の関係者が明らかにした。

関係者によると、融資団メンバーの新生銀行、あおぞら銀行、米投 資ファンドのローンスターなどが東京スター銀の株式を取得し、同行の 建て直しを図るとしている。

アドバンテッジは2008年に約2520億円を融資団などから調達して 東京スター銀を買収。しかし、同行は景気後退による不良債権処理など で10年3月期には28億円の最終赤字に転落。11年4-9月期も31億 円の赤字と業績低迷が続いている。

新生銀広報担当のジェームス・セドン氏、あおぞら銀の神保努氏は コメントを控えた。アドバンテッジ・パートナーズの担当者もコメント を控えた。東京スター銀は24日午前、「報道内容が事実であることを確 認していない」とのコメントを発表した。

東京スター銀への融資団の経営参画については、23日付の日経新聞 朝刊が先に報じていた。同紙によると、融資団は買収資金のうち1700 億円を融資しているという。

--取材協力:佐藤茂 Editor: Kazu Hirano

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 谷口 崇子 Takako Taniguchi +81-3-3201-3048  ttaniguchi4@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651  yokubo1@bloomberg.net

Philip Lagerkranser +852-2977-6626   lagerkranser@bloomberg.net

日本市場 NI JMALL 金融市場 JBN91、 NI JMALL 企業ニュース JBN18, NI COS, NI KIGYO NI EARN ブルームバーグ記者執筆記事 NI BNSTAFF 日本語トップニュース NI TOPJ

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE