トゥンペルグゲレルECB理事、ユーロ圏の景気回復続く-ORF

欧州中央銀行(ECB)のトゥン ペルグゲレル理事は、ユーロ圏の景気回復が続くとの認識を示した。 オーストリア国営放送ORFがインタビューを引用して伝えた。

同理事は、「景気が回復していることに極めて満足していると言え るだろう」と述べた上で、「緒に就いた景気回復が継続することを強く 確信している」と続けた。景気の二番底の危険性が見受けられるかと の問いに対しては、そうした危険性はないと言明した。

ORFによれば、同理事はユーロ圏の財政については「顕著」な 危機だとも指摘。その影響がなくなるまで数年かかるとの見通しを示 した。

同理事は「欧州各国の予算方針である財政政策が厳しく監視され、 また限界を超えた場合は各国が修正措置を講じることが極めて重要だ」 とも語った。

同理事は、ギリシャとアイルランド向けの融資に触れ、資本市場 からの調達が難しくなったために必要になったと説明。「ギリシャとア イルランドといった国は、国際的な金融世界の信用を突然失った。こ うした国への融資は、財政に秩序が戻るまで、財政赤字が再び減少す るまでの橋渡し役となる」と話した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE