バークレイズ:ボーナス改革へ、投資銀の経費削減も-FT

英銀バークレイズのロバート・ダ イアモンド最高経営責任者(CEO)は、上級バンカー向けの報酬制 度を刷新する計画だ。広範な事業見直しの一環だという。英紙フィナ ンシャル・タイムズ(FT)が報じた。

ダイアモンドCEOは1000人余りのマネジングディレクターと 上級バンカーの報酬の大きな部分を偶発転換社債(通称CoCo)で 支払う計画だと、同紙が事情に詳しい複数の関係者の話を基に伝えた。 関係者の名前は明示していない。報酬改革は広範な事業見直しととも に来月の通期決算発表時に公表される可能性があるという。

同紙によると、バークレイズは計画について英金融サービス機構 (FSA)に伝えたものの、まだ承認を得てはいない。

同紙によれば、見直しには上級経営陣の人事異動や低収益部門の 目標、投資銀行部門バークレイズ・キャピタルでの一段のコスト削減 策なども含まれる公算が大きい。

CoCoは特定の条件に達した際に強制的に株式に転換される証 券。緩衝資本となるため、規制当局はCoCoを好むと、同紙は説明 している。直ちに株主資本が希薄化されることがないため、銀行にも 好都合だという。

バークレイズへの電話取材の試みに応答は得られていない。

-With assistance from Rebecca Evans in Sydney and Blanche Gatt in London. Editors: Russell Ward, James Gunsalus

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Angus Whitley in Sydney at +61-2-9777-8643 or awhitley1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chitra Somayaji at +852-2977-6486 or csomayaji@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE