西松屋チェ株が約1カ月ぶり安値、子ども用衣料不振で業績下方修正

育児・子供衣料などを手掛ける西 松屋チェーン株が一時、前週末比1.8%安の771円と続落。昨年12月 27日以来、約1カ月ぶりの安値を付けた。子ども用衣料の販売不振な どから今期の利益予想を下方修正しており、足元の業績低迷を嫌気し た売りが優勢となった。

同社は21日、ベビー・子どものアウトウェアや新生児衣料におけ る冬物および梅春物衣料の販売不振などで、今期(2011年2月期)の 単独当期純利益が従来予想比18%減の48億円になりそうと発表。前 期比では、10%の減益見込みとなる。これにより、1株当たり当期純 利益も前回予想の86円77銭から、70円98銭に下がる。前期実績は 78円25銭。

ただ、売上総利益率については、利益率の高いPB(自社開発) 商品の拡大などで計画以上に改善する見通しという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE