安川電株反発、サーボモーター伸び営業黒字-野村証格上げ

サーボモーター世界首位、安川電 機の株価が一時前週末比4.5%高の867円と3日ぶりに急反発。9カ月 累計(2010年3月21日-12月20日)の連結営業損益が黒字転換し、 業績は回復基調を強めている。今後もサーボモーターと産業用ロボット の需要拡大は続くとの期待から、買いが優勢となっている。

同社が21日に発表した4-12月の連結営業損益は77億円の黒字 と、前年同期の110億円の赤字から改善した。アジア向けを中心に、モ ーションコントロールやロボットなど主力事業が増収だった。また今期 (11年3月期)の年間配当予想を従来の4円から6円に増額した。

野村証券では21日、同社株の投資判断を「2(中立)」から「1 (買い)」へ引き上げた。野口昌泰アナリストはリポートで、半導体製 造装置などに使用されるサーボモーターは、約4割を占める電機向け受 注が1-3月から回復し、ロボットでは先進国を中心にここ1-2年手 控えられていた自動車業界向けの更新需要が増加するとの見方を示す。

同証券では、今期連結営業利益を140億円(会社計画125億円)、 来期240億円、13年3月期は320億円と試算した。目標株価は1100円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE