ルノーのゴーンCEO:情報漏えい調査は仏国内法に従った-JDD紙

フランスの自動車メーカー、ルノ ーのカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は、電気自動車(E V)に関する情報漏えいの疑いについて社内調査を行った際には、同 国国内法に従ったと述べた。23日付の仏日曜紙ジュルナル・デュ・デ ィマンシュ(JDD)が同CEOとのインタビューを伝えた。

同紙によると、ゴーンCEOは、EVのビジネスモデルに関する 情報が漏えいした可能性があるが、技術情報は盗まれなかったと語っ た。また、誰が情報を受け取った可能性があるかについては確信がな いと述べ、フランス当局の捜査は数カ月かかる公算だと付け加えたと いう。

同CEOは同紙に対し、昨年8月末に情報漏えいを初めて知った ルノーは、調査結果を確認してから当局に通知しようとしたと説明し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE