【個別銘柄】ホンダ、東レ、ジャフコ、安川電、東ドーム、システナ

きょうの日本株市場で株価変動材 料の出た銘柄の終値は以下の通り。

ホンダ(7267):前週末比3.8%高の3400円。米国向けの回復や 主力車種の全面改良効果から業績上積みが見込めるとし、野村証券で は21日に投資判断を従来の「2(中立)「から「1(買い)」に引き上 げた。今後12カ月間の目標株価は3300 円から4300円に変更。

東レ(3402):4%高の553円と午後の取引で急伸。きょう午後4 時から、独ダイムラーと軽量構造に関するパートナーシップの合意を めぐり記者会見を行うと発表。今後の連携強化を見込む買いが膨らん だ。午後4時すぎに公表した資料によると、東レとダイムラーは炭素 繊維複合材料製自動車部品の製造、販売を行う合弁会社を設立する。 東レ急騰が寄与し、東証1部33業種で繊維製品は上昇率1位。

エルピーダメモリ(6665):同5.1%高の1134円。ゴールドマン・ サックス証券では21日付のリポートで、投資判断を「中立」から「買 い」へ、今後12カ月間の目標株価を950円から1350円に引き上げた。 製品ミックスの変化、DRAMスポット価格は大底圏にあるとの見方 から、2010年10-12月期が損益の底と判断しているという。

ジャフコ(8595):同8.6%高の2435円。新規株式公開(IPO) の好調による含み益拡大や資産内容の劣化が終息したとの評価から、 今期(11年3月期)業績の回復期待が高まった。同社が21日に発表 した10年4-12月の連結経常損益は24億6400万円の黒字と、前年 同期の19億7200万円の赤字から改善した。

安川電機(6506):同4.5%高の867円。9カ月累計(10年3月 21日-12月20日)の連結営業損益は77億円の黒字と、前年同期の 110億円の赤字から改善したと21日に発表。モーションコントロール、 ロボットなど主力事業の増収効果、地域別ではアジアなどの堅調が背 景。11年3月期の年間配当予想を従来の1株当たり4円から6円に増 額。野村証券では21日、サーボモーターと産業用ロボットの回復を見 込むとし、投資判断を「2(中立)」から「1(買い)」へ、今後12 カ月間の目標株価を700円から1100円に引き上げた。

日本板硝子(5202):同2.3%安の209円。みずほ証券の松田洋ア ナリストは21日付のリポートで、投資判断を「中立」から「アンダー パフォーム」に引き下げた。今後12カ月間の目標株価は230円で維持。

システナ(2317):同6.9%高の9万4300円。Android端 末の開発案件の好調な業績と構造改革を含めた成長戦略を評価すると し、いちよし経済研究所の藤田要アナリストは21日、投資判断「A(買 い)」で新規調査を開始、フェアバリューは13万円とした。

 ウェザーニューズ(4825):同8.3%高の1777円。いちよし経済 研究所の大河原翔アナリストは24日付のリポートで、投資判断「A(買 い)」で新規調査を開始した。

キリンホールディングス(2503):同1.1%高の1107円。中国の ビール最大手と年内にも共同生産販売の合弁会社を設立、中国事業で 提携すると24日付の日本経済新聞朝刊が報じた。報道を受けてキリン HDでは午前8時に、当社が発表したものではなく、決定した事実は ないとの声明を発表。

東京都民銀行(8339):同6.1%安の1168円。JPモルガン証券 は21日、投資判断を「中立」から「アンダーウエート」に引き下げた。 昨年11月に自社株買いを発表後、株価が60%上昇したため、銀行セ クターの期待PER14.9から算出した理論株価942円を参考に、現状 水準から下落余地が大きいと判断したという。

東京ドーム(9681):同8.9%安の214円。イベント減少、消費単 価の低迷などを受け利益計画を見直した結果、繰延税金資産の取り崩 しが発生、関係会社の固定資産の減損損失、撤退費用も計上するため、 11年1月期の連結純利益は従来の9億円の黒字から9億円の赤字に 転落するもようと21日に発表した。期末配当予想は、1株当たり5円 から無配とする。

カゴメ(2811):同1.9%高の1533円。11年3月期の連結営業利 益予想を従来の69億円から前期比17%増の75億円に上方修正した。 リニューアル効果の出た野菜飲料の好調、 内食回帰の恩恵でトマトケ チャップなどトマト調味料も堅調に推移しているため。

西松屋チェーン(7545):同3.3%安の759円。ベビー・子どもの アウトウェア、新生児衣料で冬物、梅春物の販売が不振で、11年2月 期の純利益は48億円と従来計画の59億円を下回るもようと21日に発 表。前期比では10%の減益見込み。

鳥インフルエンザ関連株:宮崎市の養鶏場で鶏数十羽が死に、簡 易検査で6羽に高病原性鳥インフルエンザの陽性反応が出た問題で、 農林水産省は22日、遺伝子検査で感染を確認。宮崎県はこの養鶏場が 飼育する約1万羽を殺処分、半径10 キロメートル以内の農場の鶏な どの移動を禁止した。23日には、同県新富町の農場でも20羽が死に、 簡易検査で6羽のうち5羽が陽性だった。マスク、消毒薬メーカーな どの需要が見込まれ、ダイワボウホールディングス(3107)が同1.4% 高の221円、大幸薬品(4574)が6.6%高の1179円など。

富士重工業(7270):同1.3%高の690円。11年3月期の連結営業 利益は前期比約3倍の800億円強になりそう、と22日付の日経新聞朝 刊が報道。北米での新車販売好調などで、従来予想の700億円を上回 るという。

日本郵船(9101):同1.1%高の370円。10年10-12月期の連結 経常利益は前年同期比約10倍の300億円前後だったもよう、と22日 付の日経新聞朝刊が報道。北米やアジア向けの荷動きが改善し、コン テナ船事業が黒字転換したことが寄与したという。

DOWAホールディングス(5714):同2.6%高の589円。10年4 -12月期の連結経常利益は前年同期比2.2倍の200億円前後になった もよう、と22日付の日経新聞朝刊が報道。ガリウム化合物など電子材 料、新興国向け伸銅品や熱処理工事の伸長、銅など金属価格の上昇が 押し上げ要因という。

三菱商事(8058):同1.9%高の2317円。インドネシアで同国国 営石油会社プルタミナ、韓国ガス公社などと合弁で液化天然ガス(L NG)の生産に乗り出す、と22日付の日経新聞朝刊が報道。三菱商は 運営会社に実質5割近く出資、事業主体になるという。

ミスミグループ(9962):同2.5%高の2099円。10年12月の連結 売上高は4事業のうち主力の自動化、金型部品、エレクトロニクスで 事前計画を上回り、前年同月比24%増の99億6700万円だった。

ヒューリック(3265):同2.5%高の696円。10年12月期に固定 資産の減損処理による特別損失70億円を計上する、と21日に発表。 ただ、連結業績予想については織り込み済みで、予想値は変更せず。 みずほ証券では新規に投資判断を「アウトパフォーム」とした。

ジーンズメイト(7448):同1.8%安の280円。1月の既存店売上 高は前年同月比18%減だった、と21日に発表。客数は同15%減、客 単価は4.3%減。年末年始商戦で売り上げを伸ばせなかった。

トラスト・テック(2154):ストップ高となる7000円(21%)高 の4万1100円。技術者派遣・請負・委託事業、製造請負・委託・派遣 事業ともに伸長、顧客企業の繁忙化や稼働率上昇で1人当たり月単価 が上昇した影響もあり、10年7-12月(上期)の連結純利益は従来計 画の1億円から1億5700万円に上振れたもよう、と21日に発表。前 年同期比では2.5倍の見込み。

エノテカ(3049):ストップ高となる1万円(15%)高の7万6900 円。エクスクルーシブ商品の販売本数の増加、円高などによる原価率 の改善が寄与し、11年3月期の営業利益は従来計画の6億7000万円 から前期比87%増の11億1500万円に膨らむ見通しになった、と21 日に発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE