野田財務相:成長と財政健全化推進へ、過度の国債依存は困難-演説

野田佳彦財務相は24日午後の衆院 本会議で2011年度一般会計予算案提出に伴う財政演説を行い、「経済 成長、財政健全化と社会保障改革の強力な推進」を最重要課題に掲げ、 政府一丸となって取り組む考えを強調するともに、デフレ脱却に向け て日本銀行と協力して対応を進める方針を示した。

事前に配布された演説テキストによると、野田財務相は足元の景 気動向について、リーマンショック後の経済危機は克服したとしなが らも、失業率が高水準で推移し、デフレが続いているなかで、「円高、 世界経済の動向など、景気の下押しリスクも注視していく必要がある」 と指摘。国債発行に過度に依存した財政運営は「もはや困難な状況に ある」との認識を示した。

その上で、難局を乗り切るため「確固たる戦略に基づいたリーダ ーシップの下で、限りある財源を有効に活用し、大胆な政策の実行を 進める」と述べるとともに、「デフレ脱却に向けて日本銀行と一体とな って、強力かつ総合的な政策努力を行う」とした。

また、グローバル社会での成長実現に向けて「国を開く」ことが 重要とし、農業再生を念頭においた主要国との高いレベルでの経済連 携の取り組みの推進を強調。アジア諸国のインフラ需要を成長に取り 込むための「官民一体となった取り組み」も不可欠とし、国際協力銀 行の機能強化を行い、最大限活用する考えを明確にした。

11年度予算は総額92兆円4116億円と今年度当初比0.1%増と過 去最大を更新した。新規国債発行額も44兆2980億円に上り、当初予 算としては2年連続で国債収入が税収を上回った。税収は今年度当初 比9.4%増の40兆9270億円。国・地方を合わせた長期債務残高は11 年度末に国内総生産(GDP)を84%上回る891兆円程度。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE