ユンケル議長:欧州救済基金による国債購入の検討必要-シュピーゲル

ユーロ圏財務相会合(ユーログル ープ)のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)は、欧州救済 基金が財政難の国の債券を購入するといった選択肢を各国政府は検討 する必要があるとの見解を明らかにした。ドイツ誌シュピーゲルがイ ンタビューを引用して報じた。

同誌によると、ユンケル議長はまた、オランダやオーストリア、 フィンランド、ルクセンブルクなど比較的余裕のある国も、同基金を より効率的にするため貢献する必要があると発言した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE