EFSFのレグリング氏、ギリシャ債再編計画を提案-シュピーゲル

【記者:Cornelius Rahn】

1月22日(ブルームバーグ):欧州金融安定ファシリティー(EF SF)のクラウス・レグリング最高経営責任者(CEO)はギリシャ 債の再編計画を立案した。ドイツ誌シュピーゲル(1月24日号早刷 り)が情報源を明らかにせずに伝えた。

同紙によれば、レグリングCEOは「数週間前」にユーロ圏各国 政府に対し、ギリシャがEFSFを、高金利の国債を市場価格で買い 戻すための融資に活用することを提案した。こうした計画は、ユーロ 圏安定化に向けたより大規模な施策の一旦を担う「可能性が非常に高 い」という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE