宮崎県で鳥インフル2例目の疑い-6万羽超飼育の農場で

宮崎市の養鶏場の鶏から高病 原性鳥インフルエンザウイルスの感染が確認された問題で、宮崎県は 23日、同県新富町の農場でも新たに感染が疑われる事例が発生した と発表した。

同県によると、新富町の採卵鶏の農場で23日朝に鶏20羽の死 亡が確認され、このうち6羽に高病原性鳥インフルエンザの簡易検査 を実施したところ、5羽が陽性となった。現在、宮崎家畜保健衛生所 で遺伝子検査などの鑑定を行っており、感染が認められた場合には同 農場で飼育されている鶏6万6000羽の殺処分や、半径10キロメ ートル以内の農場に対する鶏などの移動制限を実施する。

宮崎市では22日、遺伝子検査で感染が確認されたのに伴い、こ の養鶏場が飼育する約1万羽の鶏の殺処分が行われた。これを受けて、 政府は同日、首相官邸で「鳥インフルエンザ対策本部」の会合を緊急 に開き、対応について議論。菅直人首相は、拡大を防ぐため万全な態 勢を整備するよう指示した。

宮崎県農政水産部農政企画課の大久津浩氏によると、23日夜に 明らかになる鑑定結果が陽性であれば、農林水産省と協議のうえで殺 処分などの対策を決定するとしている。

共同通信の23日の報道によると、この養鶏場はきのう殺処分が 行われた農場から約8.5キロメール離れており、12棟の鶏舎が集 まった団地形式。12棟で計約46万羽が飼育されていると伝えてい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE