シュタルクECB理事:救済基金による国債購入や銀行資本増強も

欧州中央銀行(ECB)のシュタル ク理事は、域内の救済基金を強化する措置には国債購入や商業銀行への 資本注入が含まれる可能性があることを明らかにした。

同理事は22日付のオランダ紙フィナンシエール・ダフブラットと のインタビューで、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)が「銀行 の資本増強やソブリン債購入」を行うことを「想像できる」と述べ、「た だ、この問題は政治レベルでの決定が必要だ」と指摘した。インタビュ ー内容をECBが電子メールで配布した。

同理事はまた、各国政府が欧州共同債を発行する構想について、「国 レベルで健全な政策を追求しようとする努力を妨げるものになる」と述 べ、あらためて反対を表明。ユーロについては「安定した、評価の高い 通貨だ」とし、機能しなくなることはないと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE