1月21日の欧州マーケットサマリー:独2年債、1年ぶり高利回り

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3588 1.3473 ドル/円 82.69 83.01 ユーロ/円 112.36 111.82

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 281.26 +1.87 +.7% 英FT100 5,896.25 +28.34 +.5% 独DAX 7,062.42 +38.15 +.5% 仏CAC40 4,017.45 +52.61 +1.3%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.29% +.04 独国債10年物 3.18% +.01 英国債10年物 3.69% +.00

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,343.50 -2.00 -.15% 原油 北海ブレント 97.41 +.83 +.86%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は3日ぶりに反発。ストックス欧州600指数は前 日までの続落で5カ月ぶり大幅安となっていた。1月のドイツ景況感 が過去最高を記録したほか、銀行株の上昇が相場上昇への要因だった。

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(R B S)は6.5%の大幅高。RBSが英政府と不良・リスク資産に対 する 政府保証制度からの離脱を協議したとの報道が手掛かり。鉄鋼 最大手のアルセロール・ミタルは2.9%上昇。ウニクレディトによる 投資判 断引き上げが好感された。イタリアの防衛航空宇宙関連会社、 フィンメッカニカは4.5%高。同社の2010年営業キャッシュフロ ーが予想を上回ったことが買いを誘った。

ストックス欧州600指数は前日比0.7%高の281.26で終了。

前週末比では0.9%下げ、週間ベースでは2011年初のマイナスと な った。年初来では依然としてプラスで、上昇率は2%。経済統計 が世 界的な景気回復を示しているほか、欧州各国の首脳が債務危機 の拡大を阻止する取り組みを強化するとの期待が背景にある。

ラース・クレッケル氏率いるエクサンBNPパリバのストラテ

ジストチームはリポートで、「11年が欧州株式にとって良い1年と

なるとの見方を堅持する」と記述し、「バリュエーション(株価評 価)は大半の指標で歴史的な平均を引き続き下回っている。にもかか わらず、短期的な強気傾向が著しく強まり、一時的な調整の公算が大 きく なったと指摘していた」と記述していた。

ブルームバーグのデータによると、ストックス欧州600指数構

成銘柄の予想PER(株価収益率)は約11倍と、2009年4月以 来の低水準に近い。

21日の西欧市場では、デンマークとギリシャを除く16カ国で

主要株価指数が上昇。スペインのIBEX35指数は1.8%、イタ リアのFTSE・MIB指数は1.4%と、大きな伸びを示した。

ドイツのIfo経済研究所がこの日発表した1月の独Ifo企 業景況感指数は110.3と、前月の109.8から上昇し、1991年に 東西再統一後のドイツの統計が始まって以来の最高を更新した。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではドイツ2年債相場が下落し、同利回りは過去1年 余りの最高となった。この日発表された経済統計でドイツの景況感が 予想に反して改善したことが示され、インフレが加速するとの見方を 高めた。

スペイン国債を中心にユーロ圏の高債務国の国債相場が上昇した。 ドイツのIfo経済研究所が同日発表した1月の独Ifo企業景況感 指数は110.3と、前月の109.8から上昇し、東西再統一後のドイ ツの統計が1991年に始まって以来の最高を更新した。ドイツ国債は 週間ベースでは3週連続安となった。株高を背景に域内で最も安全と されるドイツ国債に対する需要減少が響いた。

2年債利回りは先週に28ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上昇していた。欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁が インフレリスクの高まりに言及したことが嫌気された。

ノルデア・バンク(コペンハーゲン)のチーフアナリスト、ニー ルズ・フロム氏は、「利回り上昇はドイツ経済の好パフォーマンスが 主な原動力だった」と述べ、「ECBの早期利上げ見通しを考慮する と、市場はかなり後手に回っている。利回りにはまだ上昇の余地があ る」と述べた。

ドイツ2年債利回りはロンドン時間午後4時17分現在、前日比 4bp上昇の1.29%。この日は7日以来の最大の上げとなる場面も あった。同国債(表面利率1%、2012年12月償還)価格は0.07 ポイント下げ99.47。10年債利回りは3.16%と、前日からほぼ変 わらず。前週末14日からは12bp上げている。

スペイン10年債利回りは14bp低下の5.2%。週間では17b p下げた。イタリア10年債の利回りは8bp下げ4.7%。アイルラ ンド10年債は8.8%と、前日からほぼ変わらず。1週間前は

8.52%だった。

◎英国債市場

英国債相場は下落し、週間ベースでは3週連続安となった。10 年債利回りは8カ月ぶり高水準を付けた。インフレ率が予想以上に上 昇したことを背景に、年内の利上げ観測が高まった。

英政府統計局(ONS)が18日発表した昨年12月の消費者物 価指数は前年同月比3.7%上昇した。ブルームバーグ・ニュースがエ コノミスト31人を対象にまとめた調査の中央値では3.4%上昇が見 込まれていた。11月は3.3%上昇だった。

UBS(ロンドン)のG10通貨ストラテジスト、クリス・ウォ ーカー氏は、「市場では利上げが織り込まれつつあるようだ」と語る。 「イングランド銀行(英中央銀行)は信頼を失うよりは、インフレの 芽を摘んでおいた方が得だと考えているのではないだろうか」と述べ た。

ロンドン時間午後4時14分現在、10年債利回りは前日比1ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.70%。週間ベ ースでは9bp上げた。同国債(表面利率4.75%、2020年3月償 還)価格は0.6ポイント下げ108.10。2年債利回りは1.34%と、 前日からほぼ変わらず。前週末からの上げは1bp未満。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE