英国債(21日):10年債下落、インフレを警戒-週間で3週連続安

英国債相場は下落し、週間ベー スでは3週連続安となった。10年債利回りは8カ月ぶり高水準を付け た。インフレ率が予想以上に上昇したことを背景に、年内の利上げ観 測が高まった。

英政府統計局(ONS)が18日発表した昨年12月の消費者物価 指数は前年同月比3.7%上昇した。ブルームバーグ・ニュースがエコ ノミスト31人を対象にまとめた調査の中央値では3.4%上昇が見込 まれていた。11月は3.3%上昇だった。

UBS(ロンドン)のG10通貨ストラテジスト、クリス・ウォー カー氏は、「市場では利上げが織り込まれつつあるようだ」と語る。 「イングランド銀行(英中央銀行)は信頼を失うよりは、インフレの 芽を摘んでおいた方が得だと考えているのではないだろうか」と述べ た。

ロンドン時間午後4時14分現在、10年債利回りは前日比1ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.70%。週間ベース では9bp上げた。同国債(表面利率4.75%、2020年3月償還)価 格は0.6ポイント下げ108.10。2年債利回りは1.34%と、前日か らほぼ変わらず。前週末からの上げは1bp未満。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE