英中銀ポーゼン氏:インフレ加速は一時的、目標2%大幅下回る見込み

イングランド銀行(英中央銀行) 金融政策委員会(MPC)のポーゼン委員は、最近のインフレ加速は 一時的なものに過ぎないとして、景気回復支援に向けて一段の刺激策 の必要性を主張し続ける可能性を示唆した。

同委員は21日にロンドンでインタビューに応じ、「国内要因で押 し上げられた英国のインフレについて、私の見解に変わりはない」と 発言。中銀目標の2%の水準を「インフレ率はかなり下回るだろう」 と述べ、経済の余剰能力に加え、予算削減で個人消費が抑制される公 算が大きいことを根拠に挙げた。

ポーゼン委員はまた、ユーロのポンドに対する底堅さとドイツの 景気拡大で英国のインフレが煽られる可能性があると指摘。「私にと って変わったのは、国外要因によるリスク意識が高まったことだ」と 述べ、「国外では需要が十分伸びるだろう。最大の貿易パートナーで あるユーロ圏で予想以上に増加し、これが英国のモノやサービスへの 需要だけでなく、為替レートにも影響を及ぼす可能性がある」と説明 した。

同委員はその上で、「そうした影響はただ、国内要因を相殺する には十分ではないとみている。当然ながらこれを注視している」と付 け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE