インド株(終了):下落、ウィプロ売上高に失望-週間ベースはプラス

インド株式相場は下落。ウィプロ の昨年10-12月(第3四半期)売上高がアナリスト予想を下回ったこ とから、同銘柄を中心に売りが膨らんだ。センセックス30種株価指数 は週間ベースではプラスとなった。

インド3位のソフトウエアサービス企業、ウィプロは3カ月ぶり 大幅安。同業のインフォシス・テクノロジーズは1.6%下げた。同社 が先週発表した決算では利益が予想に届かなかった。

一方、国内最大の電力設備メーカー、バーラト重電機は上昇。10 -12月期が31%増益となったことが手掛かり。リライアンス・インダ ストリーズも高い。同社は21日の取引時間終了後に決算を発表した。

ムンバイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比39.01 ポイント(0.2%)安の19007.53で終了。前週末比では0.8%上昇し た。

ウィプロ(WPRO IN)は4.5%安の455.95ルピーと、昨年10月22 日以降で最大の値下がり。インフォシス(INFO IN)の終値は3243.85 ルピー。バーラト(BHEL IN)は1.5%高の2207.25ルピー、リライア ンス(RIL IN)は1.8%上げ986.80ルピーとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE