韓国LGディスプレーの10-12月:制裁金響き2年ぶり赤字

液晶表示装置(LCD)メーカ ー世界2位、韓国のLGディスプレーの2010年10-12月(第4四 半期)決算は、純損益が四半期ベースでほぼ2年ぶりの赤字となっ た。価格カルテルを結んでいたとして欧州連合(EU)当局から制 裁金を科されたことが響いた。

同社の21日の発表文によれば、純損益は2684億ウォン(約 200億円)の赤字。ブルームバーグ・ニュースが集計したアナリスト 5人の予想中央値は4130億ウォンの赤字だった。

同社は第4四半期に平均14%下落したテレビ向けパネル価格に ついて、1-3月(第1四半期)も値下がりが続くと予想。利益の 回復に向け、携帯端末向けのパネル需要に期待している。

新韓BNPパリバ・アセットマネジメントのファンドマネジャ ー、イム・ジョンジェ氏は「需要に目立った回復はなく、第1四半 期も厳しいだろう」と指摘。「ただ、株価は既に相当アンダーパフ ォームしており、底は近いとみている」と語った。

LGディプレー株の21日終値は前日比1.7%安の3万7300ウ ォン。指標の韓国総合株価指数は同1.7%安で引けた。

制裁金を含む第4四半期の営業損益は3870億ウォンの赤字。売 上高は6兆4800億ウォンだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE