【コラム】ジョブズ氏の功績はエジソンにも匹敵-ジャロスロフスキー

米アップルのジョブズ最高経営責 任者(CEO)の健康状態に関するニュースは、同社の携帯音楽プレ ーヤー「iPod(アイポッド)」やアップル株を買ったことのない人 にとっても重要な意味を持つはずだ。

ジョブズ氏の最近の病状に関する情報が不足しているため、同氏 の不在がアップルにとってどういう意味を持つかに疑問が集中してい る。ジョブズ氏の医療休暇中に経営陣はどの程度まで代役を果たせる のか。世界で最も時価総額の高い会社の一つであるアップルの株価に どんな影響があるのか。同社の驚異的な成功を持続するのに十分な数 の新製品を準備中なのか-。

これらはすべて妥当な疑問だが、より肝心なポイントを見逃して いる。ジョブズ氏のことが好きであれ嫌いであれ、同氏は世界中の消 費者の日常生活に誰よりも影響を与えた社会的・歴史的に重要な人物 だという点だ。

奇妙なことだが、アップルの最近の驚異的な成功は、ジョブズ氏 の伝説的なイメージや非難を受けやすい性格もあり、同氏がどれほど 重要な影響力を持ち、どれほど長い間影響を与えてきたかを分かりづ らくしてきた。「インク」誌が「この人物は永遠にビジネスを変えてし まった」と宣言したのは、1981年になってのことだ。

ビジョン

ジョブズ氏が1986年に当時CEOだったジョン・スカリー氏との 権力争いに敗れてアップルを去った時も、同社が崩壊することはなか った。スカリー氏は昨年のインタビューで、ジョブズ氏がいなくても 同社が何年も繁栄できたのは、同氏のビジョンの強さのおかげだと認 めた。

スカリー氏はウェブサイト「カルト・オブ・マック」とのインタ ビューで「私が在任中に成し遂げたすべてのことについて、本当に功 績を認められるべきはスティーブだ」と述べ、「私の在任中にわれわれ がしたことは彼の哲学に従うことだけだった」と告白した。

ジョブズ氏が1997年にCEOに就任した当時、アップルはあと 数カ月もしくは数週間で倒産というところまで追い込まれていた。同 氏は会社を立て直し、色鮮やかなデスクトップ型パソコン(PC)「i Mac(アイマック)」を販売し、再建の土台を築いていった。

ジョブズ氏の影響力を最も良く理解するには、iPod登場前の 10年足らず前の状況を思い出してみればいい。音楽や映画は店で買っ たり借りたりするもので、携帯電話は通話が目的、ネットサーフィン はコンピューターでするものだった。

iPodや、コンテンツ配信サイト「iTunes(アイチュー ンズ)・ミュージック・ストア」、携帯電話「iPhone(アイフォ ーン)」は、驚くほど短期間で、従来の製品だけではなく、携帯電話業 界などの巨大産業やその背後のメディア業界を敗者に追いやってしま った。昨年の「iPad(アイパッド)」の投入でジョブズ氏はまた、 タブレット型コンピューターという新しい製品カテゴリーを紹介する という偉業を成し遂げている。

厳しい制約

ジョブズ氏が「閉じた」システム(ユーザーはiPhoneの電 池を自身で交換することもできない)を主張し、ユーザー経験を厳し く制約していることは、多くの人を困惑させ、ライバル会社につけい るすきを与える可能性がある。

ただ、ライバル企業も本音を言えば、自身の手法に対するジョブ ズ氏の影響力を認めざるを得ないだろう。

実際のところ、ジョブズ氏と比較するのに本当にふさわしい人物 はビル・ゲイツ氏やジャック・ウェルチ氏ではなく、トーマス・エジ ソンやヘンリー・フォードらなのかもしれない。スカリー氏は前述の インタビューで、ジョブズ氏の伝説的な完璧主義で発狂しそうになら なかったかと質問されたが、それに対する答えはジョブズ氏の人物像 を完璧に活写したものだった。「多少発狂させられそうになっても、あ れほど常に正しい人間が相手なら一向に構わない」(リッチ・ジャロス ロフスキー)

(リッチ・ジャロスロフスキー氏はブルームバーグ・ニュースのコ ラムニストです。コラムの見解は同氏自身のものです)

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 亀山 律子 Ritsuko Kameyama +81-3-3201-7441 rkameyama@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Rich Jaroslovsky in San Francisco at +1-415-617-7251 or rjaroslovsky@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Greiff at +1-212-617-5801 or jgreiff@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE