金融相:為替損失抱えた中小企業の支援検討-銀行と意見交換

自見庄三郎金融担当相は21日午前 の閣議後会見で、中小企業がリスク回避目的で銀行などと契約した為替 デリバティブ取引で損失が発生し経営を圧迫している問題で、支援策の 必要性などを模索中であることを明らかにした。状況を調査中であるほ か、対応の可能性について金融界と意見交換している。

金融相は、「契約者から金融庁に相談や苦情が寄せられている」と し、契約などの状況把握に着手したという。その上で「金融機関が損失 を補填(ほてん)することは金融商品取引法で禁止されており、どのよ うな対応が考えられるか金融界と幅広く意見交換している」と述べた。 ただ、金融庁が個別の紛争に関与することは適当でないと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE