ブラジル中銀:リバース通貨スワップ入札へ、2週連続-レアル高阻止

ブラジル中央銀行は、2週間連続 で10億ドル(約830億円)のリバース通貨スワップ入札を実施する。 先物市場でのレアル売り・ドル買いに相当する。

中銀声明によれば、入札はニューヨーク時間21日午前9時(日本 時間午後11時)から30分間で、4月限と7月限、2012年1月限の2 万枚が対象。ブラジルはデリバティブ(金融派生商品)市場を通じ、 レアル高に歯止めをかける取り組みを強化している。

ルセフ政権がレアル高抑制策を強化しているのを受けて、同中銀 は14日に1年9カ月ぶりにデリバティブ市場を通じた措置を発動し た。レアル相場は09年初め以来対ドルで38%上昇しており、ブルー ムバーグが調査対象としている新興国市場25通貨の中で上昇率が最 も高い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE