中国石油化工、アジア市場向け加原油パイプライン計画に出資-WSJ

中国石油化工(SINOPEC) は、カナダのパイプライン運営大手エンブリッジのアジア市場向け石 油パイプライン計画に出資する。米紙ウォールストリート・ジャーナ ル(WSJ、オンライン版)がエンブリッジのパット・ダニエル最高 経営責任者(CEO)の話を引用して伝えたもので、中国石油化工は 同計画に1億ドル(約83億円)投資するアジアやカナダの製油会社 で構成されるグループのうちの一社。

WSJによれば、エンブリッジによるカナダ西海岸での55億 1000万ドル規模のパイプライン「ノーザンゲートウェー」計画では、 カナダ国内のオイルサンド地帯からブリティッシュコロンビア州の港 に向け1日当たり平均52万5000バレルの原油を輸送し、そこから アジア市場に向け出荷される見込みだという。

同紙は、プロジェクトに参加する他の企業名は明らかにしていな い。ブルームバーグは就業時間中にSINOPECの広報担当、黄文 生氏(北京在勤)の会社の電話と携帯電話に連絡したが、今のところ 返答は得られていない。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Stanley James at +852-29776637 or sjames8@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE