ゴールドマン:中国不動産株の投資判断をオーバーウエートに上げ

ゴールドマン・サックス・グループ は、中国の不動産株の投資判断を「ニュートラル(中立)」から「オー バーウエート」に引き上げた。同社は投資家が政策引き締めを見込んで いると指摘した上で、不動産開発業者や銀行の利益へのリスクは「限定 的」だとした。

ヘレン・チュー氏らアナリストのリポートによると、同社は銀行や セメント、小売りなどの業種の投資判断を「オーバーウエート」に維 持。運輸株についてはオーバーウエートからニュートラルに引き下げ た。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE