中国の農村部の所得:1984年以降で最大の10.9%増-消費に追い風

2010年に10.3%の経済成長を遂 げた中国では、農村部の所得が過去25年で最大の増加を示した。消費 拡大を目指す取り組みにとって追い風になりそうだ。

中国国家統計局が20日発表したリポートによると、農村部の1人 当たりの純所得は10.9%増の5919元(約7万4500円)。増加率は 1997年以降で初めて都市部を上回った。リポートによると、昨年末に 小売売上高や鉱工業生産も増加した。

景気刺激策を背景とした投資ブームで内陸部の経済成長が加速し、 これらの地域や貿易に依存する沿岸部で賃金が上昇している。沿岸部で は企業が労働者の確保をめぐってしのぎを削っている。中国で最も輸出 の多い広東省は先週、最低賃金を引き上げる方針を示した。中国の消費 支出が増加する可能性があることはオバマ米大統領にとって朗報だ。大 統領は今週、中国の胡錦濤国家主席に対し米企業が中国市場により広く アクセスできるよう要請した。

国際通貨基金(IMF)で勤務経験があるUBSのエコノミスト、 汪涛氏(北京在勤)は「農村部の方が収入の伸びが高いのは中国の景気 回復の結果であり、全国で建設ブームを巻き起こしている。それが出稼 ぎ労働者の雇用や賃金の増加につながっている」と指摘。「農村部は巨 大な市場だ。農民の雇用や収入の増加が鍵になる」との見方を示した。

--Li Yanping, with assistance from Zheng Lifei, Sophie Leung, William Bi and Allen Wan. Editors: Paul Panckhurst, Chris Anstey.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Li Yanping in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst in Hong Kong at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE