人民元、対豪ドルとシンガポール・ドルとの取引も-英スタンダード銀

中国は、人民元をオーストラリア・ ドルやシンガポール・ドルと直接交換する取引を許可するようになる と、英スタンダードチャータード銀行は予想する。世界最大の輸出国 である中国が、貿易決済で米ドル依存を減らそうとしているためだ。

人民元は、マレーシア通貨リンギットとの為替スポット取引が昨 年8月に開始。12月16日からはロシアのマイセックス取引所で人民 元・ルーブルの取引が行われている。英HSBCホールディングスの 今月11日の発表によれば、同行は元とトルコ・リラのスポット取引 提供を3月に計画している。

スタンダードチャータードの外為調査グローバル責任者、カラ ム・ヘンダーソン氏(シンガポール在勤)は19日、取材に対して電 子メールで「人民元の国際化プロセスは明らかに加速しており、この 傾向が続くと予想している」と回答。「シンガポールやオーストラリア など、中国との間でこの種の通貨協定をいずれ結ぶ国々が増えるとみ ている」と述べた。同行はアジアで利益の4分の3強を稼いでいる。

豪貿易省によると、世界最大の鉄鉱石・石炭輸出国の同国にとっ て、中国は2007年に最大の貿易相手国となった。また、シンガポー ルにとって、中国はマレーシア、欧州連合(EU)に次ぐ3番目の貿 易相手。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE