NTTデ株が急反発、金融向け堅調で10-12月期採算改善との報道

官公庁や金融機関向けのシステム 構築に強みを持つNTTデータの株価が一時、前日比4.6%高の28万 4100円と急反発。金融機関や公共機関からの受注が比較的堅調で、 2010年10-12月の採算が4-9月(上期)より改善したと一部で報道 されたことを受けた。

21日付の日本経済新聞朝刊によると、NTTデの4-12月(9カ 月累計)連結営業利益は480億円前後となったもようで、前年同期を1 割弱下回った。4-9月営業益は前年同期比24%減の254億円だった ため、報道数字を基に計算すると10-12月は約226億円となり、09年 10-12月の167億円からは35%の増益。報道では、赤字案件の削減で 営業利益率が上期から改善したという。

報道に対し、会社側は21日午前9時、「当社として発表したもの ではない」とのコメントを発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE