【米個別株】BB&T、ペップ・ボーイズ、ワーナー・ミュージック

21日の取引で値動きの目立った 主な銘柄は以下の通り。株価は終値ベース。

BB&T(BBT US):4.8%高の28.39ドル。ノースカロライ ナ州で業務を展開する銀行BB&Tが発表した2010年10-12月 (第4四半期)決算は、信用コストの減少が寄与し、前年同期比12% の増益となった。1株当たり利益は30セントで、ブルームバーグがま とめたアナリスト34人の予想平均(25セント)を上回った。

ゼネラル・エレクトリック(GE US):7.1%高の19.74ドル。 米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)の昨年10-12月(第 4四半期)決算は、3四半期連続での増益となった。金融やヘルスケ ア、輸送部門の持ち直しが寄与し、アナリスト予想を上回った。

ペップ・ボーイズ・マニー・モー・アンド・ジャック(PBY US):15%高の14.15ドル。米自動車部品販売のペップ・ボーイ ズ・マニー・モー・アンド・ジャックは身売りを検討しており、バン ク・オブ・アメリカ(BOA)を助言役に戦略的な選択肢を模索して いる。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

サントラスト・バンクス(STI US):5.9%高の29.50ドル。 ジョージア州で業務を展開するサントラスト・バンクスが発表した第 4四半期決算は、一部項目を除く損益が1億8500万ドルの黒字とな った。前年同期は2億4800万ドルの赤字だった。信用損失の減少が 寄与した。

ワーナー・ミュージック・グループ(WMG US):27%急伸し、

6.01ドル。事情に詳しい関係者によれば、ワーナー・ミュージック・ グループは同社への買収案を引き出すため、ゴールドマン・サック ス・グループを起用した。ワーナー・ミュージックの広報担当、アマ ンダ・コリンズ氏はコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE