欧州ソブリン債保証コスト、過去最大の低下-国債買い戻し観測

ここ2週間のクレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)市場で、欧州諸国の国債保証コストが過去最大 の低下となっている。債務再編を回避するため割引価格での国債買い戻 しが認められるとの観測が背景。

CMAによると、西欧諸国の国債15銘柄のCDSスプレッドで構 成するマークイットiTraxx・SovX西欧指数は前週末から

12.75ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し180.25b p。前週は26.5bp低下しており、2週での低下としては、1兆ドル 規模の欧州の救済パッケージが発表された翌月の昨年6月の低下幅 (35.25bp)を超え、指数算出が開始された09年10月以来で最大。

欧州首脳らは救済基金の拡大を含めた危機封じ込め策を協議して いる。ウニクレディトによると、救済基金の欧州金融安定ファシリティ ー(EFSF)からの資金を使った国債買い戻しを高債務国に認める案 も検討されている。

ウニクレディトの上級アストラテジスト、クリスチャン・ウェーバ ー氏は「当局が必死で避けようとしている全面的かつ強制的な債務再編 を回避する、見てくれの良い方法かもしれない」とし、「ユーロ圏国の 債務再編はないという繰り返されるお題目に反することなく負担を分 散できる魅力的なアイデアだ」と述べた。

ギリシャ国債のCDSスプレッドは今週、53.5bp低下し

856.5bpと昨年11月4日以来の低水準。先週は137.75bp低下し た。スペインはここ2週間で93bp低下し264.5bp、イタリアは69 bp低下の183.75bp。

-Editors: Michael Shanahan, Cecile Gutscher

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor: Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Bryan Keogh in London at +44-20-7330-7124 or bkeogh4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Armstrong at +44-20-7330-7185 or Parmstrong10@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE