バークレイズと三井住友銀、南ア企業に約100億円の協調融資組成

英銀バークレイズと三井住友銀行は 南アフリカ共和国の通信最大手、テルコムSAに対する1億2700万ド ル(約100億円)の協調融資を昨年12月末に組成した。年限は7年で 近く融資を実施する。事情に詳しい関係者が明らかにした。

テルコムSAは、中国通信機器のフォアウェイから携帯電話の基地 局資材を購入する資金に充当する。三井住友銀が代理人となり、総融資 額の95%に中国の公的な貿易保険機関、中国輸出信用保険(サイノシュ ア)の貿易保険を付けた。

同融資については、21日付の日本経済新聞朝刊が先に報じていた。

サイノシュアの貿易保険を適用する前提条件として、総融資額の70 %を中国銀行、中国国家開発銀行、中国建設銀行の3行が貸し出すこと となっている。残り30%は、三井住友銀、シティグループ、HSBCが 融資する。三井住友銀の融資額は2100万ドル(約17億円)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE