米キャピタル・ワン:10-12月は前年比85%増益-デフォルト減少

米クレジットカード発行会社、キ ャピタル・ワン・ファイナンシャルの2010年10-12月(第4四半期) 決算は、利益がウォール街のアナリスト予想の大半を上回った。クレジ ットカードローンのデフォルト(債務不履行)の減少が寄与した。同社 株のパフォーマンスは11年にKBW銀行株指数の中でトップ。

20日の発表資料によると、純利益は6億9700万ドル(約580億 円、1株当たり1.52ドル)と、前年同期は3億7600万ドル(同83セ ント)から85%増加した。ブルームバーグがアナリスト23人を対象と した調査では、1株当たり利益は平均で1.38ドルが見込まれていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE