米中古住宅販売:12月は528万戸-7カ月ぶり高水準

米中古住宅販売は昨年12月、予 想を大幅に上回る増加となった。景気回復で借り入れコストが上昇す る前に、低水準の住宅ローン金利を確定しようとする動きが広がった。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した昨年12月の中古住宅 販売件数(季節調整済み、年換算以下同じ)は前月比12%増の528 万戸と、5月以来の高水準となった。ブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミスト調査の予想中央値は487万戸だった。前月は470 万戸(速報値468万戸)に修正された。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、アーロン・ スミス氏は「住宅販売はゆっくりとしたペースではあるが、間違いな く改善している」とした上で、「住宅市場の回復が確実に続くために は、雇用の創出ペースが加速する必要がある。住宅が依然として経済 の弱点であることは明らかだ」と付け加えた。

中古住宅価格(中央値)は前年同月比1%低下の16万8800ド ル。前年同月は17万500ドルだった。

12月の中古住宅在庫は4.2%減少して356万戸。これにより、 販売に対する在庫比率は8.1カ月となった。前月は9.5カ月。NA Rによると、在庫比率が8-9カ月であれば安定した住宅価格が維持 される。

てご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE