米ユニオン・パシフィック:10-12月は41%増益-産業用輸送が好調

米鉄道大手のユニオン・パシフィッ クの2010年10-12月(第4四半期)決算は、純利益が前年同期比 41%増となった。産業用貨物輸送の売り上げが好調だった。

同社の20日の発表によれば、純利益は7億7500万ドル(約 640億7000万円、1株当たり1.56ドル)と、前年同期の5億 4900万ドル(同1.08ドル)から拡大した。ブルームバーグがまとめた アナリスト28人の予想平均は1.48ドルだった。売上高は17%増の44 億1000万ドル。

木材や鉄鋼など建設資材を含む産業用貨物輸送の売上高は27%増え て6億5200万ドル。石炭などエネルギー製品の輸送の売上高は16%増 の8億8700万ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE