中国:上海の銀行の不良債権率、昨年末時点で0.8%-銀監会

中国・上海の銀行の昨年末の不良 債権率は0.8%だった。中国銀行業監督管理委員会(銀監会)の上海 支部が電子メールで配布した声明で明らかにした。

声明によれば、上海の銀行の不良債権は昨年12月31日時点で272 億元(約3400億円)。融資残高は3兆3900億元、総資産は6兆9000 億元だった。

上海の銀行の2010年純利益は798億元と、前年から33.9%増加 した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bloomberg News at +86-21-6104-3037 or gturk2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE