枝野氏:菅首相の「決意に揺らぎない」-インタビューで早期退陣否定

枝野幸男官房長官は20日午後、内 閣記者会のインタビューに応じ、参院で野党が多数派を占める「ねじ れ国会」への対応などの課題の処理に行き詰まって菅直人首相が早期 に退陣する可能性を否定した。

枝野氏は、首相が早期退陣に追い込まれる可能性について「首相 がしっかりと責任を果たしていくという決意は大変強いものがある。 憲法で与えられた職責を果たしていくという決意に揺らぎはないと確 信を持っている」と否定した。衆院解散については「首相の専権事項 であり、私から申し上げることはない」と語った。

2011年度予算案と関連法案を野党の要求を受けて修正する可能性 について「ベストと思っている案をそのまま理解してもらう努力を一 生懸命、尽くしていくことが大事だ」と述べるにとどめた。

その上で、「今の日本の状況を考えたときに予算や予算関連法につ いては各党いろんな立場があると思うが、内閣の側が真摯(し)に誠 実に説明する中で理解をしてもらって国民に迷惑を与えることのない ようにしていくことは十分にできると思っている」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE