12月の米中古住宅販売件数、2カ月連続で増加か-BN調査

【記者:Shobhana Chandra】

1月20日(ブルームバーグ):昨年12月の米中古住宅販売件数は、 2カ月連続で増加したもようだ。だが、約10年ぶりの低水準に落ち込 んだ需要の回復には手間取っているとエコノミストらは指摘している。

ブルームバーグ・ニュースが実施した調査では、20日発表の12 月の中古住宅販売件数は前月比4.1%増の487万戸(年率換算、72社 の予想中央値)が見込まれる。同日発表される12月の景気先行指数は 6カ月連続で上昇し、フィラデルフィア地区の製造業活動は拡大した とみられる。

スタンダードチャータード銀行のエコノミスト、デービッド・シ ーメンス氏(ニューヨーク在勤)は、「住宅市場は依然として落ち込ん だ状態にある」と指摘。「まだかなりの過剰在庫があり、市場の動きは 低水準だ。十分な力強さに欠ける雇用市場が全ての原因だ」と語った。

全米不動産業者協会(NAR)は午前10時(ワシントン時間、以 下同じ)に中古住宅販売件数を発表する。ブルームバーグ調査での予 想レンジは450万-507万戸。11月は468万戸だった。

米民間調査機関コンファレンス・ボードが同時刻に発表する12月 の景気先行指標総合指数(LEI)は前月比0.6%上昇(57社の予想 中央値)が見込まれる。

米労働省は先週の新規失業保険申請件数を午前8時半に発表する。 15日終了週は2万5000件減少して42万件(49社の予想中央値)だっ たとみられる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE