中国で近々利上げの可能性高まる、GDP統計で-BOAメリル陸氏

バンク・オブ・アメリカ(BOA) メリルリンチのエコノミストの陸挺氏は、中国の1月のインフレ率は 「再び大きく上昇する」との見方を示した。天候と旧正月(春節)の影 響を理由に挙げた。同氏は20日発表したリポートで、2010年10-12月 (第4四半期)の国内総生産(GDP)の伸びが加速したことで、近々 追加利上げが行われる可能性が高まっていると指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE