豪小麦生産:洪水の影響で過去最高に増加か-干ばつ地帯に恵みの雨

オーストラリアに数十億ドルの被 害を及ぼした降雨の影響で同国の小麦生産が増加し過去最高水準に達す るほか、かんがい作物の生産も増えるとの見方が出ている。

ラボバンク・グループの商品アナリスト、ウェイン・ゴードン氏と 持続可能性アナリスト、トレーシー・アレン氏は19日のインタビュー で、豪雨の影響で次の小麦栽培シーズンに土壌水分が増し、ダムの水位 上昇により綿花などのかんがい作物の生産も促されるとの見方を示し た。

世界の需要が供給を上回るとの見方を背景に、世界の農産物価格は 昨年、高騰した。豪州産の小麦や綿花の供給が増えれば価格が抑制され る可能性がある。豪州では昨年7-12月の降雨量が過去最高水準に達 し、今月には洪水が発生。一部の地域で10年間続いていた干ばつが終息 し、豪州の食糧供給の3分の1以上を占めるマレーダーリング盆地で はダムの水位が大幅に上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE