レッグ・メイソンのミラー氏、配当実施の銘柄選好-コノコやIBM

米資産運用会社レッグ・メイソン のビル・ミラー氏は、コノコフィリップスやマイクロソフト、IBM など配当のある株式への投資が好ましいとの見方を示した。同氏はレ ッグ・メイソン・キャピタル・マネジメント部門の責任者。

ミラー氏は19日、レッグ・メイソンがニューヨークで開いた投 資会議で、質の高い銘柄への投資水準を同社が高く保っていると語っ た。また、同社傘下のクリアブリッジ・アドバイザーズで株式部門を 率いるハーシュ・コーエン氏も、そうした銘柄に魅力を感じていると 述べ、エクソンモービルとシェブロンも対象に挙げた。

コーエン氏は「注目されていないこれら素晴らしい銘柄の存在を われわれは認識している」と語った。

ボルティモアに本拠を置くレッグ・メイソンは、約6720億ドル (約55兆2100億円)相当の資産を運用している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE