米住宅建設会社の社債保証コスト上昇-住宅着工が予想下回る

19日のクレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)市場では、米住宅建設会社の社債保証コストが上 昇。昨年12月の住宅着工件数が予想を下回ったことが響いた。

CMAによれば、ロサンゼルスに本拠を置くKBホームのCDS スプレッドは4.1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の

364.6bp。レナーは2.8bp上げて330.9bp。

フィフス・サード・アセット・マネジメントのマネーマネジャー、 マーコ・ミケリック氏は「投資家が注目しているのは雇用と住宅市場 の動向だ」と述べた。

マークイット・グループによれば、北米企業の信用リスクの指標 であるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニュー ヨーク時間午後4時57分(日本時間20日午前6時57分)現在、1.5 bp上昇の84.1bp。スプレッド上昇は投資家心理の悪化を、低下は 心理の改善を示す。

-- Editor: Mitchell Martin, Richard Bedard

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editors: Masashi Hinoki, Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Mary Childs in New York at +1-212-617-6289 or mchilds5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Goldstein at +1-212-617-6186 or agoldstein5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE